亀頭増大はバイオアルカミドがいいって本当!?


短小ペニスに悩んでいて解決法をググッていると、亀頭増大術という方法をよく見掛けます。

これって実際に効果はどうなのか気になったので調べてみました。

「亀頭増大」とググッて1位と2位に表示されてたのが、船橋中央クリニックの「バイオアルカミド」やあびこ駅前クリニックの「パーフォーム」です。

バイオアルカミドとは、亀頭増大・強化に使用される注射剤で、プチ整形にも使われています。

プチ整形の注射剤といえばヒアルロン酸が有名ですが、ヒアルロン酸は完全に吸収されてなくなってしまうので追加で繰り返し注射をする必要があります。

その点、バイオアルカミドは3~5年(半永久的とも言われている)は吸収されずに残る注射剤で亀頭との相性もよいことで知られています。

 

◆バイオアルカミドとアクアミドの違い

バイオアクアミドと同系の注射剤でアクアミドがあります。

アクアミドは亀頭への親和性が高い反面、注入したい部分以外にも流れたりする可能性があり、大きくしなくてもよい部分まで影響を与えてしまうリスクがあります。

バイオアルカミドはアクアミドを改良した注射剤で、「粘性・弾力性・硬度」が向上したことによって増大したい部位以外への影響を軽減しました。

下記のような希望がある男性は、バイオアルカミドによる亀頭増大を検討してみて下さい。

  • 一回の治療で増大効果を得たい
  • アクアミドよりも長い亀頭増大効果を期待する
  • 何回も追加で注射をしたくない
  • 亀頭が敏感で早漏で悩んでいる
  • 亀頭がかなり小さいので少しでも大きくして包茎を改善したい

バイオアルカミドの注入によって、亀頭が大きくなり、亀頭への刺激増加によって早漏改善にも効果が期待できます。

また、亀頭増大により、包皮がかぶりにくくなり、包茎解消の効果も同時に期待できます。

 

◆バイオアルカミドの安全性について

バイオアルカミドの成分は、水とアミドイミドアルキルという物質から造られています。

CEマーク(EUの安全基準)取得済みの医薬品なので、副作用は皆無で安全性は高いと言われています。

亀頭増大の専門医や施術例の多いクリニックによる施術で、より安心して使用することが可能になります。

注射による治療で抜糸もないので、当日からシャワーも可能(患部以外)で、2日目からは患部を濡らしてのシャワー・4日目からは入浴も可能です。

通院も不要で、施術当日から重労働でなければ仕事をすることもできます。

 

◆バイオアルカミドを使った後の注意点

バイオアルカミドを使うと、性行為が2~3週間は禁止になります。

また、まれに内出血が見られることもありますが、いずれ消えます。

また、アルコールの飲酒は3日間は控えることが必要となります。

なお、亀頭増大術のリスクや副作用については、医療機関に必ず相談・確認して下さい。

船橋中央クリニック
あびこ駅前クリニック(症状例の画像あり)