ペニスが大きくなったらしてみたいこと

Pocket

10代の頃から短小&仮性包茎だった僕には、ペニスが大きくなったらしてみたいことがあります。

それは友達と温泉やスーパー銭湯に行って、タオルで前を隠さずに堂々と歩くことです。

短小男子なら分かってもらえると思うんですけど、みんなとお風呂に入る時は本当に恥ずかしいんです。

10代の頃はみんな恥ずかしいからタオルで前を隠しているからいいんだけど、社会人になってくるとタオルで隠さなくなるんですよね。

ま、そういう人に限って、デカチンのズル剥けだったりするんですけど・・・。

タオルで局部を隠すことも恥ずかしいんだけど、皮を被っているチンコを見られるのも本当に恥ずかしいんです。

別に誰も言わないけど、「小っちぇ~」なんて思われているんじゃないかと不安でしょうがありません。

だから、みんなに見えないようにこっそりと皮を剥いたりするんだけど、すぐに元に戻っちゃいます。

で、皮が元に戻った時に毛を巻き込んで痛い思いをするというのは、短小あるあるとして有名な話ですよね。

 

みんなで温泉に入るのは疲れる

そんな恥ずかしくも悔しい思いをしながらも、なんとか回避する方法を編み出しました。

その方法とは、お風呂に入る前に少し勃起させるという方法です。

勃起前の通常時サイズよりも一度勃起させた後にしぼんだペニスの方が、少しサイズ大きくなっているからです。

そのままお風呂に入れば暖かさもあってか、通常時よりも少し大きいままでのサイズでキープできます。

サイズが元に戻ってしまいそうになったら、またコッソリとしごいたりして勃起させてすぐにしぼませます。

この繰り返しを誰にも見られないように続けるのです。

誰かに見られたら「あいつ何を興奮してるの?まさか・・・同性愛?」と思われてしまうリスクがあるからオススメはしませんけど。

それに温泉はリラックスするために入るのに、全然リラックスできません。

常に自分のペニスの状態をチェックしながらの入浴になるので、逆に疲れてしまいます。

 

そんな辛い思いをしなくても済むように、できるだけ早くペニスを日本人の平均サイズまで大きくしたいです。

そして堂々をフリチンで浴場を歩きまわりたいというのが、私の小さな小さな夢です。

こんな夢も恥ずかして誰にも言えませんが・・・。